ホテル周辺

2008年4月20日 (日)

ホテル周辺

 

ホテル周りを少しご紹介します。

 

ホテルの門を出ると、しばらく未舗装の小径があり、その道沿いにスタッフの家(他の家も?)があり、

幹線道路(といっても片側1車線ですが)に出るすぐ手前に小さなお店が2軒あります。

 

道はこんな感じで、この辺り(といっても、多分パングラオ島(ホテルが集まっている島))全体的に水はけが悪いのでは

と思いますが(関東ローム層のような歴史があるのではと思われます)、雨が止んでもしばらく水が引かない

所が多かったです。

あ、子ヤギ!

 

 

親ヤギがちょっと離れたところで子ヤギを見守っていました。

 

 

この状態は、今回滞在中何度か通った中で最もコンディションのいい状態でした。

 

 

道の途中ではこういう光景も。

帰りに通った時、親ブタがものすごく大きな声で「ベェ~~~~~ベェ~~~~~」と鳴いていたので

見たら子豚が一匹もいませんでした・・・・

ちょっと離されただけならいいのですが・・・・

 

 

これは花なのでしょうか?

花にしては南の島なのにものすごく地味です^^

 

 

こんな低いところにプルメリアが。

 

 

でも、普通のプルメリアです。

あの木はこれから大丈夫でしょうか・・・

 

 

オレンジのはランタナのようでランタナでない、という感じで、白いのはちょっと面白い花です。

 

 

シンガポールでも同じか近いのを見ましたが、熱帯アジアでは普通種かもしれません。

でも、羽を広げるときれいなのです。

 

 

青空に黄色が映えていました。

 

 

ドリアンがたわわに。

 

 

やっぱりハイビスカスは南の花の代表だと思います。

 

 

これが道路に出る手前の店の一つです。

 

 

知らずに見ると、ここで買い物をするのは勇気が要りそうです^^

 

  

これが反対側にある方のお店です。

ホテルで話を聞いていたので大丈夫と思いスナック菓子とかビールを買いました。

 

 

幹線道路といってもこんなかんじ^^

 

 

ピンク色で可愛かったので。

 

 

バナナも自然にたくさんありました。

 

 

幹���道路を歩いていくと最近ビーチリゾートのホテルはこの言葉をつけるとホテルの価値が高まると

思っている経営者が多いようで、ここでも「リゾート&スパ」のホテルがありました。

 

 

こういう質素なお店が幹線道路を歩いているとちょこちょこありました。

 

 

こちらもお店です。

 

 

でも、買おうと思うとやっぱりこういうちょっとこぎれいなお店で買ってしまいます^^

少し高めでしたが。

 

 

ヤギはたくさん見かけました。

一番多かったかも。

 

 

牛もたくさん見かけました。

このように「歩道?^^」を歩いていると紐でつながれた牛が時々います。

結構大きい牛もいたりして焦ることも^^

犬じゃないんだから、そんなでかいのここにつなぐなよ^^

 

 

かわいい^^

 

 

この時は雨が止んでからそこそこ経っていたのにこの状態です。

他の所もこれほどじゃなくてもだ~~っと水たまりの所は所々にありました。

 

幹線道路沿いも合計で2時間以上歩きましたが、危険な雰囲気はまったくありませんでした。

ほかのフィリピンの場所と比べてものんびりした感じです。

同じホテルに一人で来ていた学校の先生は、毎晩一人でその幹線道路を歩いて、アロナビーチまで

片道4~50分かけて食事に行っていたそうですが、灯りさえあれば問題無さそうな雰囲気でした。

 

一度アロナビーチと反対方面に歩いていった時は、ホテルの大きい黒いワンコのオメガがついてきたので

そのままず~っと一緒に2時間近くお散歩しました^^

最初の方は元気で、何度も道を横断したりうろうろしながらついてきていましたが、帰りは疲れたのか

あまり寄り道もせずについてきました^^

 

こうした散歩はボホールののんびりとした雰囲気が感じられて楽しいものでした。

 

 

|