« 水中編 2 | トップページ | 水中編 4 »

2008年4月 2日 (水)

水中編 3

次はスズメダイと魚以外を。

 

ルリホシスズメダイ・・・かな?

 

 

バーチークダムゼルという固有種?

といってもどのエリアまでの固有種なのかは知りません^^

頬にバーのスズメダイということで、日本語だとホホスジスズメダイといったところです。

 

 

ヒレナガスズメダイの子供から大人になる過程。

つまり、ヒレナガスズメダイの青春時代だ~^^

 

 

クロメガネスズメダイの大人。

子供の方がきれいですが、親もよく見るときれいです^^

淡水性のいわゆる「熱帯魚」だったらきれいなランクにはいるのではと思います。

 

 

スプリンガーズダムゼル。

これはスズメダイ好きには堪らんという種類です^^

 

 

ヤマブキスズメダイの子供。

大人は全体的に山吹色ですが、子供はツートンで、このほうがきれいな気がします。

 

 

ん?

おもろいやんけ^^

 

 

モンハナジャコ。

この顔のあたりのブルーは本当にきれいな青です。

 

 


                                                     (Photo by kiyo)

そしてこのグリーンと深紅とのコンビネーションは絶妙です。

 

 

この「青」ヒトデは、ボートに上がる直前に気がついたのですが、本当にこういう色でした。

「青」ヒトデと言うくらいで、普通はこういう紫は考えられませんが、不思議です。

 

 

ミカドウミウシの卵です。

布っぽい感じもあります^^

 

|

« 水中編 2 | トップページ | 水中編 4 »