« 水中編 1 | トップページ | 水中編 3 »

2008年3月31日 (月)

水中編 2

今度はクマノミシリーズです。

クマノミはちょこまか動くので、ほんの一瞬いい構図になった時を狙ってその瞬間にシャッターレバーを引く

ということになります。

 

先ずは一番好きなカクレクマノミから。

 

 


                                                     (Photo by kiyo)

これはトウアカクマノミの子供。

 

 


                                                     (Photo by kiyo)

そういう目で見られるといけないことしているみたい^^

 

 


                                                     (Photo by kiyo)

もうすぐ孵りそう。

出るところ見たいなぁ。

 

 

セジロクマノミの色は淡くて、水彩画の世界。

 

 

イソギンチャクの柄が幾何学的だったので、それと絡めて子供を撮ってみました。

 

 

このイソギンチャクは水中でもとても色が濃くて目立っていましたので、そういうの久しぶりという感じで

喜んで撮っていました^^

 

 

定番のカットも押さえておかないと。

 

 

この子は胸びれがカクレじゃないと思うのですが。

よく写真で見かける気がしますが覚えていません^^;

 

 

ハマクマノミはつい真正面を撮りたくなる何かを持っています^^

 

 

セジロのペア。

この種はカワイイという感じでもないので、ペアで揃った写真なら許す^^

 

 

これはミクロネシアのクマノミのダスキーアネモネかと思ったらちょっと違うみたいで、ハマクマノミかというと

それもちょっとなぁという感じです。

 

今回はクマノミ編でした。

 

 

|

« 水中編 1 | トップページ | 水中編 3 »